みずほ銀行のおまとめローンが低金利でオススメ!

今すぐおまとめ希望の方はこちら

みずほ銀行カードローン公式はこちら

みずほ銀行カードローンおまとめローン

みずほ銀行カードローンの特徴

みずほ銀行カードローンは、低金利で尚且つ高限度額というカードローンです。お金を借りるのであれば、低金利で高限度額の方が良いでしょう。

みずほ銀行カードローンを利用できる条件としては、22歳以上66歳未満の安定した収入があることです。安定した収入となると、利用できる人がかなり限られてしまうのではないかと思われがちですが、パートやアルバイト、自営業や派遣社員であっても、問題なくカードローンを利用することが出来るのです。また、専業主婦の場合は安定した収入はありませんが、配偶者が安定した収入があれば、利用可能となります。

みずほ銀行カードローンは他の消費者金融会社のカードローンとは異なり、総量規制というものの対象外となります。総量規制とは年収に応じて限度額が決まるのですが、総量規制対象外なので、年収で限度額は決まりません。

そこで、みずほ銀行カードローンの限度額ですが、業界最高水準である1000万円に達します。

金利に関しては、プランが二種類あり、プランによって異なります。コンフォートプランというものの場合は金利3.5%から14.0%です。エグゼクティブプランというものであれば、3.0%から7.0%なのです。

この二つのプランについては、利用者は選択することが出来ず、審査によって決まります。エグゼクティブプランは業界の中でもかなりの低金利であるため、実際に適用されるのは稀だと言えます。申し込む場合はコンフォートプランが適応されると考えておいた方が良いでしょう。しかしコンフォートプランであっても、業界の中では低金利なので安心です。

みずほ銀行カードローンには、とても便利な機能もあり、自動融資サービスというものがあります。口座振替の引き落としの際に残高が足りず引き落としが正常に行われない場合に、自動的にカードローンから融資を受け、引き落としを完了させることが出来るのです。支払いが滞る心配もありませんし、引き落としが行われず、後日手数料や滞納料をプラスされた料金を支払うことも防げます。

みずほ銀行の普通預金口座を持っていなければ、カードローンを利用することが出来ませんし、自動融資サービスも利用できません。まずはカードローンの申し込みの前に、みずほ銀行の普通預金口座を開設しておくとスムーズでしょう。

申し込みは窓口で行うことが出来ますし、郵送でも可能です。普通預金口座が既にあるという場合は、インターネットでもカードローンの申し込みをすることが出来ます。

急な出費に対応しなければ行けない時に、大きな助けとなるでしょう。

おまとめローンの限度額は職業で変わる?

おまとめローンの限度額は、総量規制の有無によって変わってきます。
総量規制の対象となる場合は、最高でも年収の3分の1までとなります。

総量規制対象外の場合は、金融機関側が独自審査のもとで限度額を設定します。
職業に関しては審査属性で考慮され、公務員、会社員、医師などが高評価となります。
弁護士に関しては自由業という性質上、やや審査で厳しくなるのが一般的です。

非正規雇用の方に関しては、年収が多くても限度額は少なめになるのが普通です。
おまとめローンを含めて、ローンは職業の安定性を考慮して融資枠を設定するのです
。 年収1,000万円の小説家よりも、年収500万円の公務員のほうが審査に通過しやすいのはそのためです。

おまとめローンの審査では勤続年数も重視され、長いほど融資枠は大きくなります。
3年以上になると高評価となるので、1~2年の方は少し我慢して3年目になってから申し込むという手もあります。
勤続年数1~2年で借りたい場合は、金融機関に相談してみるのがいいです。

審査を受ける前に、勤続年数について話しておき、融資を受けられるか確認しましょう。
審査前ならば個人信用情報には登録されません。
もしくは金融機関のローンページの簡易診断を試してみましょう。

おまとめローンで金利も下がり返済計画もたてやすくなります

お金が必要になったとき、パソコンやスマフォから借入申し込みし、
運転免許証などの本人確認書のコピーを送るだけで、
担保も保証人もなく、簡単に融資を受けられろのが消費者金融です。

少額の借入ならば、即日融資を受けられることもあり、
お金が必要になるたびに、気軽に借入してしまう人が増えています。
こうした手軽さから、複数の消費者金融や銀行から借金を抱えることになってしまいます。

複数から借金をしていますと、毎月の返済が数回になるため手間も負担もかかるうえに、
金利の高い少額の借入のため、利息も嵩んできます。
おまとめローンは、複数の借入先をひとつにまとめることで、
毎月の返済が1回だけと楽になり、返済計画もたてやすくなります。

また、複数の少額の借入を1本化することで高額になり、金利も低くなります。
ただし、多重債務になっている人は、貸し倒れリスクが高いと判断され、高い金利となる場合もあります。

気軽にあちらこちらから借入した結果、どこの業者からどれだけ借入していて、
返済総額がいくらかも分からなくなってしまい、毎月の返済に四苦八苦している状態から、
すっきり1本化することで、早々に完済できるように応援するのが、おまとめローンと言えるでしょう。

そして、おまとめローンにすることで、返済する業者は1社で毎月1回だけというシンプルさが、
気持ちを楽にしてくれ、ゆとりがもてる生活を送れるようになることです。
そのため、返済計画がたてやすくなるのです。

おまとめローンで利率を減らすか個人再生で元本を減らすか

複数の借金を抱えていて悩んでいる場合には、いくつかの対応策があります。
その一つが銀行や消費者金融のおまとめローンを利用すると言う方法です。

おまとめローンを利用する場合には、通常これまで利用していたローンよりも低い利率で借り換えを行うことになります。
そうすることによって利息負担を軽減させることが出来るほか、
これまでは毎月複数の返済を行っていましたが返済を一本化することが出来ます。

おまとめローンは上手く利用すれば便利なサービスですが、
場合によっては借り換え前よりも状況が悪化してしまうケースもあります。

まず認識しておかなければいけないことは、おまとめローンによって
利息の負担を軽減出来ても元本の返済額まで減額出来る訳ではないということです。
ただし毎月の元本の返済額をこれまでよりも低く設定することが出来ますので、
毎月の返済負担は抑えることが可能です。

ここで注意しなければいけないことは、毎月の元本の返済額を減額すると言うことは、
完済までの期間が長くなるということです。
その延びた期間分の利息負担も発生しますので、借り換え前よりも総支払額が増えてしまうケースもあります。

元本を減額させたい場合には個人再生をする方法があります。
裁判所に認可されれば5分の1程度に債務を減らすことが可能です。

個人再生を行えば一定の財産を手放さなければいけないですし、
信用情報にもキズが付いてしまうなどデメリットもあります。
ただローンの借り換えだけでは解決できない場合には、個人再生を行うことを検討しても良いと思います。

高齢者の方のおまとめローンと在籍確認の方法

借金の返済を少しでも楽にするのであればおまとめローンも
利息の負担を抑えることができますので、検討していきたいところです。

おまとめローンの契約ができれば複数ある借金もひとつにまとまりますので、
期日も1日となりますので、うっかり返済日を忘れるなどのミスを防ぐこともできます。
そして低金利となりますので、毎月の返済の負担も抑えられ、元金をより早く減らせるようになります。

おまとめローンの場合もやはり審査はあります。安定した収入があることが条件ですが、
年齢制限もありますので、高齢者の方は条件に合っているか確認しておきましょう。

ローン会社によって年齢の上限は違いがあり、
65歳までというところもあれば、70歳以上にも対応しているところもあります。
年齢の高い人はまずは年齢制限を確認しておくことが大事です。
それから、キャッシングやカードローンでは在籍確認が行われますが、
おまとめローンの場合もやはり在籍確認が行なわれます。
職場に本当に在籍しているかを確かめるための審査で、電話で行われることがほとんどです。

職場に電話がかかることもありますが、
この場合もローンの審査とはわからないよう対応してもらうことができますので、
まわりに借入れをしていることを知られる心配はほとんどありません。

消費者金融のおまとめローンは生活保護の方でもOK?

生活保護が支給されるのは、文化的な生活を送るための生活費全般ですが、
これにはローン返済金は含まれていません。

ローンを抱えている場合は、おまとめローンから借りて一本化することはできないので、
債務整理で処理するのが一般的です。

親族から借りる手もありますが、返済の目処が立たない状態で借りるとトラブルの原因になるので、
返済できないときは債務整理で処理しましょう。

おまとめローンの利用条件は、満20歳以上で安定した収入のある方なのです。
安定した収入とは給与収入のことであり、ギャンブル収入は含まれません。
年金収入に関しては金融機関により見解が異なり、安定収入とみなす業者とそうでない業者があります。

生活保護に関しては安定収入とはみなされないので、
消費者金融のおまとめローンやキャッシングの利用はできないのです。
審査では職業・勤務先・年収などを聞かれますし、勤務先に在籍確認の電話をかけられます。
働いていると嘘をついて借りようとしてもバレるので注意しましょう。
ローン商品を利用するには、就職先を探すことが先決となります。

おまとめローンの審査基準と返済シミュレーションについて

カードローンやキャッシングを利用すると、後日利息を付けて返済しなくてはなりませんが、
二社や三社も利用していると、返済に追われてしまうので、憂鬱な毎日を過ごしている方もあるかも知れませんね。

これが一社のみの返済であれば、毎月コツコツと返していくことによって、ゴールも見えてくるようになりますが、
複数社を利用している場合は、いつまでたっても完済できないような気になるでしょう。

そんな方におすすめなのがおまとめローンなので、複数社の返済をひとつにまとめて、
早く完済できるようになりたいと思っている方は申し込むようにしてください。

ただしおまとめローンは審査に合格しなければ利用できないので、
まずはそれぞれの会社の審査基準を知っておくことが大切です。
とはいってもそれほど難しいことではなく、
20歳以上~65歳前後で、安定した収入のある人というのが一般的になります。

ゆえに無職であっては審査に通りませんから、派遣でもバイトでもパートでもよいので、
何らかの仕事をしていなければなりません。

現在仕事をしている方は合格する確率が高いので、すぐにでも申し込むとよいですが、
事前に返済シミュレーションをしておくと、おまとめローンを利用した際、
月々の返済額がどれくらいになるかがわかるので便利です。

おまとめローンの返済額と金利比較について

複数の金融会社から借り入れがあり、返済に苦労されている方にお勧めしたいのがおまとめローンという金融商品です。
その名の通り、複数の借り入れをまとめる事により月々の返済金額を減らし、金利も安くする事ができます。

おまとめローンは銀行、信販会社、消費者金融が取り扱っており、返済額や金利には違いがあります。
銀行系のおまとめローンは金利比較すると他の金融業者のおまとめローンより低い傾向があります。

勤務先や支払い実績など、属性が良ければ、大きな金額の枠をもらえる事もあります。
反面、過去の信用情報には厳しく、支払い遅延や事故情報等がある場合は契約が難しくなります。

信販会社や消費者金融が取り扱うおまとめローンは銀行と比較するとやや金利が高い傾向にあります。
審査基準においては、銀行と比較し易しくなっており、銀行でおことわりされた方でも契約できる事もあります。

銀行系と比較し、契約当初の限度額においては、すべての債務をおまとめ出来る程の枠をもらえる事は少ない様ですが、
支払い実績が良好であれば、半年程度で限度額拡大する事も可能です。
月々の返済額や金利、返済方法など、各社商品内容は様々ですので、自分に一番あった会社を見つけましょう。

おまとめローンとキャッシングの金利はどちらが高い

おまとめローンとキャッシングの利率を比較すると、普通はキャッシングのほうが高金利です。
おまとめローンの場合は、高金利ローンをまとめることが一つの目的です。
一本化して金利が高くなるようでは意味がありません。

また、おまとめローンの利率が低い理由には、用途がおまとめに限られることも関係しています。
ローン全般に言えることですが、用途が限定されているローンは低利率で、用途不問のローンは高利率なのです。

ただし、金融機関が異なれば利率は変わってきます。
利率が低いのは銀行、信用金庫などで、消費者金融やクレジットカード会社は少し高くなります。

そのため、おまとめローンを利用される方の多くは、銀行や信用金庫から借りるのです。
たった0.1%の利率の差でも、総支払い額に必ず影響してきます。
少しでも支払いを少なくするためには、今よりも低利率ローンに乗り換える必要があるのです。

現在の利率に不満がある方は、金融機関と交渉をしてみるのも手でしょう。
他社のローンも比較対象に出して、利率を下げてくれるように交渉するのです。
返済期日までにしっかり返済していれば、交渉に応じてくれるケースもあります。
何度も遅延をしている方は、交渉却下されるので注意しましょう。

公務員が借金完済を目指すならおまとめローンを

公務員は安定した職業ではありますが、まだ就職したばかりの頃は、
それほど給料が高いわけではないため、実家暮らしならともかく、一人暮らしの場合は、
生活費が足りなくなることもあるかも知れませんね。

いくらお金がなくても、社会人になってから親に頼るというのも情けない気がするので、
キャッシングでお金を手に入れる人が多いですが、複数社から借りていると、
それぞれに少しずつ返していかなければならないので、完済しにくくなります。

しかも金利が高い会社を利用していると、余計にいつまでたっても返し終わらない状態になるので、
早く完済したいと思っているなら、おまとめローンに申し込むことから始めましょう。

おまとめローンとは、複数の会社で借りたお金を、一社にまとめて返済出来るようにすることですが、
あちこちに少しずつ返していくよりも非常に効率的ですし、
場合によっては返済の総額も減るのでおすすめです。

公務員という職業は、一般的に信頼性が高いと考えられているため、
審査が厳しいといわれる銀行に申し込んでも、合格する確率が高くなっています。

銀行のおまとめローンは金利が低いので、月々の返済が非常に楽になりますし、
担保や保証人も不要ですから、複数社にある借金を整理したい方は利用するようにしましょう。

PAGETOP